みんなの眼科教室 教えて清澤先生

新型コロナウイルス感染で眼が痛くなるのは本当なのか?

清澤眼科医院院長(右)/(C)日刊ゲンダイ

【Q】新型コロナウイルス感染症の患者で目が痛くなることがあると聞きました。本当でしょうか?

【A】コロナ感染者に結膜炎が相当の頻度で見られることが、世界中で報告されています。そこに、目の「痛み」を症状のひとつとして加えたいという人が現れました。そのため、眼科医も、「痛み」を訴える眼症状の患者さんの中に新型コロナウイルス感染患者が、交じっているのではないかと恐れています。

 目の痛みが新型コロナ感染症と関係すると言い出したのは医師ではありません。グーグルの元データサイエンティストです。「米国の感染多発州では『my eyes hurt』(目が痛む)とグーグル検索する人が増えている」ことに気がつき、感染者は最初に眼科医を訪ねる可能性もあると分析。その投稿を米ニューヨーク・タイムズ紙が記事にしました。私も読みましたが、詳しい計算根拠のアルゴリズムも説明されていて、そのような推論の立て方ができるのかと驚かされました。

1 / 3 ページ

清澤源弘

清澤眼科医院院長。1953年、長野県生まれ。東北大学医学部卒、同大学院修了。86年、仏原子力庁、翌年に米ペンシルベニア大学並びにウイリス眼科病院にフェローとして留学。92年、東京医科歯科大眼科助教授。2005年から現職。日本眼科学会専門医、日本神経眼科学会理事など。

関連記事