役に立つオモシロ医学論文

複数のダイエット方法を比較した論文が その結果とは?

適度な量をバランス良く

 炭水化物の摂取を控える糖質制限ダイエットなど、ダイエットの方法にもさまざまな種類があります。インターネット上には「簡単に痩せられる」などといったダイエット方法も紹介されているようですが、どんなダイエットが最も効率的な方法なのか医学的な根拠は限定的でした。

 そんな中、英国医師会誌の電子版に複数のダイエット方法を比較した研究論文が2020年4月1日付で掲載されました。

 この研究は、18年までに報告された、18歳以上で、BMI(体重〈キロ〉÷[身長〈メートル〉の2乗]で算出される体格指数)が25~29の体重過多、もしくは30歳以上の肥満者を対象とした研究データを統合解析したものです。最終的に、121件の研究に参加した2万1942人(平均49・0歳)が解析対象となりました。一般的な食事、糖質制限ダイエット、脂質を控えるダイエット、適度な量の栄養素をバランス良く摂取するダイエットが比較され6カ月後および12カ月後の体重減少に対する効果が比較されています。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事