研究33年ウイルス学者が語る新型コロナ

出口戦略には必要だが…ウイルス検査の限界と問題点

PCR検査は今のところ30~70%の検出感度といわれている(C)共同通信社

 新興ウイルス感染症が出現した場合、通常、ワクチンや治療薬はない。人の新興ウイルス感染症の場合、感染者を見つけ出して、対症療法するとともに、他の人にうつさない方策をとらなければならない。そこで重要になってくるのは、ウイルス検査である。

 ウイルスの検査は大きく分けて2つある。ウイルスそのものを検出する方法と、ウイルスに感染した人の抗体を調べる方法がある。

 ウイルスそのものを検出する方法はさまざまあるが、新型コロナウイルスの場合、ウイルスの遺伝物質である核酸RNAを検出する。

 検査はRT―PCR法で核酸を100万倍以上に増幅して検出する。今回のRT―PCR検査の場合、10個ほどのウイルス粒子が検体に存在すれば、検出することができる。

 しかし、ウイルスが感染していてもサンプル採取場所(咽頭など)で増殖しているとは限らない。今のところ、検出感度は30~70%と考えられている。

1 / 2 ページ

関連記事