研究33年ウイルス学者が語る新型コロナ

コロナ終息の条件とされるが…ワクチン開発は本当に可能か

インフルエンザの予防接種を受ける子供(C)共同通信社

 すべてのウイルスに対してワクチンの開発が可能かどうかというと、そうではない。例えば、ヒト免疫不全ウイルスHIVは、1983年夏に発見されたが、発見後37年経った今も、いまだワクチンはできていない。

 基本的にウイルスに感染した個体の一部が発症後に回復し、ウイルスを完全に排除するのであれば、ワクチン開発の見込みは高い。しかし、ウイルスに感染しても、ほとんどの感染個体がウイルスを排除できなければ、そのウイルスに対するワクチン開発の見込みは低くなる。

 感染個体でウイルスに対する特異抗体が誘導されると、抗体がウイルスの感染を阻止(このことを「ウイルス中和」と呼ぶ)し、ウイルスが体内から消失する。新型コロナウイルスも感染した人の多くは抗体を産生し、ウイルス感染から回復する。しかしながら、一部の人は抗体が誘導されていても重症化する。逆に新型コロナウイルスに対する抗体が十分に誘導されていなくても、ウイルスから回復している人もいる。つまり、回復機構はいまだにわかっていないのである。

1 / 2 ページ

関連記事