研究33年ウイルス学者が語る新型コロナ

コロナ禍さまざまな出口戦略…完全に逃げ切るか集団免疫か

すべての国が現在も新型コロナウイルスと闘っている(ローマの聖堂で消毒液をまく男性)/(C)AP=共同

 新型コロナウイルスに対しては、世界各国でさまざまな方策で立ち向かっている。不幸にして、感染爆発して、医療崩壊が起こってしまったイタリアや、初期にウイルスの流入を防いだ台湾、新型コロナウイルスにはあえて対策をせずにやり過ごすというブラジルなどである。すべての国が新型コロナウイルスに対して現在も闘っており、どの国の対策が最もコロナウイルスによる死者を少なくできるのか、そして、経済に与える影響を低くできるのかは、現時点ではわからない。

 新型コロナウイルス禍から立ち直る戦略(出口戦略)はいくつもある。まずは、新型コロナウイルスから完全に逃げ切る方法である。理論的に言えば、実効再生産数(Rt)を1以下にすれば、感染を終息させることができる。基本再生産数(R0)がおよそ2であることから、単純に接触機会を減らすことで、Rtを1未満にすることは可能である。

 しかし、やっかいなことにこのウイルスは世界的に蔓延しており、その終結は当分先である。たとえ国内で感染が早期に終息したとしても、海外からのウイルス感染者の流入を止めない限り、Rtを1未満にする政策を、新型コロナウイルス感染が世界的に終息するまで、維持し続けなければならない。効果的なワクチンが開発できれば、ワクチンを接種することで逃げ切ることもできよう。しかし、前回述べたようにワクチンの実用化は当分先である。

1 / 2 ページ

関連記事