時間栄養学と旬の食材

グレープフルーツ摂取後は注意…紫外線を吸収しやすい体に

グレープフルーツ

 グレープフルーツはアメリカのフロリダや南アフリカ、イスラエル、メキシコなどで栽培される亜熱帯原産の果物です。グレープとはブドウの意味でブドウのように果実をたくさん含んだ果物であることからその名がつけられました。国内でも生産されていますが、市場に出回る量は少なく、輸入品がほとんどです。

 一年中、スーパーなどで目にすることが多い食材です。種類も豊富で、5月下旬に旬の終わりを迎えるのはピンクグレープフルーツです。旬の終わりはピンク色が強く、リコペンが多く含まれ、抗酸化性が強く、動脈硬化やがんの予防効果があり、ビタミンCも豊富です。

■皮膚がんに要注意?

 さてグレープフルーツに代表される柑橘系の果物は栄養豊富であることが知られていますが、これからの季節は取りすぎには注意した方がいいかもしれません。1週間に2~4回、果実や、ジュースを飲んだ人は、1週間に2回未満しか取らない人に比べて皮膚がんの発症リスクが10%増加。1日平均1.5回以上取った人だと36%も上昇するとの研究論文が米国で発表されています。

1 / 2 ページ

関連記事