日本人が新型コロナウイルスに強い理由は?ゲノム学者が解説

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 幸いなことに、日々報告されている新型コロナウイルス感染症の患者数は、多少のゆらぎはあるものの、傾向としては減少の一途をたどっている。つい1カ月ほど前までは、このままでは欧米のように感染者・死亡者が増加する可能性もあると騒がれていたが、杞憂に終わりそうだ。

 感染者数に関して、日本はPCR検査数が足りていないのではないかという批判もあるが、欧米各国でも感染者数に対してPCRの検査数は十分とはいえない状況であり、死亡者数を見ても明らかに状況は異なっている。日本と欧米各国では、なにが異なっているのだろうか。

 はやっている新型コロナウイルスの種類が、日本と欧米で異なることが要因だろうか。新型コロナウイルスに限らず、ウイルスは突然変異を繰り返し、ときには宿主に対してさらに強毒化する場合もある。確かに、感染初期に中国の武漢を中心としてはやった新型コロナウイルスと、現在、欧米を中心にはやっている新型コロナウイルスは突然変異を繰り返しているため遺伝情報が異なる。

1 / 4 ページ

関連記事