日本人が新型コロナウイルスに強い理由は?ゲノム学者が解説

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 ただし、その違いはわずかなもので、全遺伝情報のおよそ99・95%は同一である。しかも、2020年5月現在、日本ではやっている新型コロナウイルスは、ヨーロッパやアメリカ東海岸を中心にはやっているものとほぼ同じ変異をもったものが大半であると考えられる。

 一方で、新型コロナウイルスに生じた突然変異の中で、ウイルスの病原性に関与する変異については、現在のところ実験的な証明が乏しいため、いまだにその機能は分かっていないことが多い。それでも、ウイルスに生じた突然変異で、ここまでの死亡者数の差を説明することは困難であろう。

■死亡者数が欧米より少ないのは?

 それでは私たちの体質や生活習慣が関係しているのだろうか。その可能性はある。新型コロナウイルス感染症による死亡は肺炎だけではなく、播種性血管内凝固症候群(DIC)と呼ばれる血栓塞栓症で亡くなる患者も多いことが分かってきた。新型コロナウイルスが体の全身を張りめぐる血管の細胞に感染して炎症を引き起こし、それが最終的に微小な血栓を生じて、血管をつまらせたり、出血しやすくさせたりするのだ。

2 / 4 ページ

関連記事