Dr.中川 がんサバイバーの知恵

池江璃花子の短髪が話題 男性も考えたい女性のがんの悩み

(池江璃花子のインスタグラムから)

 勇気づけられた方も多いでしょう。競泳の池江璃花子さん(19)が自らの写真共有アプリ「インスタグラム」で短髪姿を披露し、話題を呼んでいます。私もネットで拝見して、すてきだと思いました。

 昨年2月に白血病が判明。抗がん剤の影響で髪が抜けたものの、今では少しずつ髪が伸び、普段は部分つけ毛のウィッグをつけているそうです。「今のありのままの自分を見てもらいたい」との気持ちから写真の公開に踏み切ったといいます。19歳でこの前向きさはすごいと思いますが、気持ちの整理がなかなかつかず、苦しむ女性は珍しくありません。

 そこで今回は女性のがん患者が感じるつらさについて考えます。女性にとって大きな問題のひとつが、脱毛です。抗がん剤の影響によって髪が抜けやすくなると、入浴して頭を洗うと抜け毛が数多く指に絡まったり、ドライヤーで乾かしたときに舞ったりします。髪は女の命といわれるだけに、ショックでしょう。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事