第2波に備えよ 新型コロナを徹底検証

<1>呼吸器だけではない 血液介在の全身感染症だった

(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 新型コロナウイルスのもうひとつの武器はACE2受容体と呼ばれる入り口を選択したことだ。ウイルスはどんな細胞にも感染できるわけでなく、表面に侵入口となるタンパク質をもった細胞にのみ感染する。そこから細胞内に入って細胞内の材料を使ってウイルスを大量にコピーして感染拡大していく。ACE2受容体はさまざまな臓器の細胞表面に発現しているため、新型コロナウイルスはより宿主たるヒトにより強固に感染・増殖することができるのだ。SARSウイルスも同じ侵入口を選択しているが、新型はそれと結合するウイルス表面の突起状のタンパク質(Sタンパク質)が、より結合しやすく変異したと考えられる。

3 / 3 ページ

関連記事