第2波に備えよ 新型コロナを徹底検証

<4>なぜ高齢者は感染しやすく重症化しやすいのか?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 新型コロナウイルス感染症(COVID―19)を引き起こす新型コロナウイルスの構造は単純だ。ウイルス自体の遺伝子(RNA)とそれを保護する膜でできていて、膜のところどころにスパイクといわれる突起物があるだけ。タンパク質やエネルギーを作る仕組みはない。

 そのため、細菌などの他の病原体とは異なり、自ら増殖できず、人や動物の体に侵入して、その細胞の働きを利用しなければ生きられない。

 新型コロナウイルスの感染はウイルス表面の突起状のスパイク(S)タンパク質と細胞表面にあるACE2(アンジオテンシン変換酵素2)受容体との結合で始まる。そして細胞膜にある「TMPRSS2」などのタンパク質分解酵素によりSタンパク質が切断されることで、ウイルスと細胞を融合させる。その結果、ウイルスは細胞内に侵入し大量のウイルスの複製を作り、それが細胞膜を破って細胞外に放出され、周囲の細胞に次々と感染していく。

1 / 4 ページ

関連記事