上皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

新型コロナによる「血栓」…手術を行う選択肢も考えられる

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 まだまだ収束していない新型コロナウイルス感染症(COVID―19)の研究が世界各国で進んでいます。最近、クローズアップされているのが「新型コロナウイルスが全身に血栓を生じさせる」という報告です。

「米国心臓病学会誌」では、静脈系でも動脈系でも、血管の炎症、血小板の活性化、内膜の障害と機能の低下、血流の滞りによる血栓症が死因に直結するという研究結果が掲載されました。

 なぜ血栓ができるのかについては、まだはっきりしたことはわかっていませんが、血管内皮細胞に感染したウイルスが炎症を起こして血管を傷つけ、それを修復するために血栓ができるのではないかと考えられています。

 また、生体防御反応によって播種性血管内凝固症候群(DIC)が起こるといわれています。多くの死者が出たイタリアでは、新型コロナウイルスの重症肺炎による死亡の原因は、新型コロナウイルス感染症に誘発されたDICのためという報告があるのです。

1 / 4 ページ

天野篤

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。近著に「天職」(プレジデント社)、「100年を生きる 心臓との付き合い方」(講談社ビーシー)、「若さは心臓から築く 新型コロナ時代の100年人生の迎え方」(講談社ビーシー)がある。

関連記事