上皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

「病院食」制約ある中で1食につき40種類以上が作られている

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 入院している患者さんに病院が提供する食事=病院食は、「治療食」とも呼ばれます。文字通り治療の一環であるうえ、入院中の患者さんにとって数少ない楽しみのひとつともいえる大切なものです。

 そんな病院食が、病院にとって少なくない負担のひとつになっているのも事実です。一般の患者さんの場合、「入院時食事療養費」として1食当たり460円を自己負担してもらっていますが、その金額ではとても賄えるものではありません。施設によっては年間数億円の持ち出しになっているところもあり、病院食が病院経営を圧迫しているのです。

 順天堂医院では、病院食のメニューは栄養科の管理栄養士が考えていて、1食につき40種類以上のメニューが作られます。たとえば、糖尿病や高血圧がある患者さんに応じた制限食をはじめ、腎臓病食や肝臓病食といったように臓器ごとの食事管理が行われているため、多くのメニューが必要になるのです。

1 / 4 ページ

天野篤

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事