Dr.中川 がんサバイバーの知恵

池江璃花子と山本寛斎を分けた明暗…白血病は年齢がカギ

山本寛斎さん(C)日刊ゲンダイ

 世界的なファッションデザイナーの山本寛斎さんの命を奪ったのは、急性骨髄性白血病でした。享年76。報道によると、今年2月22日から闘病されていて、亡くなったのは今月21日。5カ月での急逝です。

「オレの生き方、どうだ?」

 病床に駆けつけた異母弟の俳優伊勢谷友介さん(44)はそう聞かれると、「凄いです。世界のファッションに早くから挑戦して、イベントの演出家として大きなショーを現実にしたことも」と偉大な兄へのあこがれを語ったといいます。

 弟の言葉に世界的奇才は、小さくうなずいたとか。どこまでも自分の人生をまっとうし、満足感があったのかもしれません。

 競泳の池江璃花子さん(20)が、国立競技場で来年の五輪に向けてメッセージを発信したのは、その2日後でした。白血病を克服した元気な姿が話題を呼んでいます。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事