セックスが痛い

120種類もあるコンドーム…選び方で性交時の痛みが変わる

写真イメージ(C)日刊ゲンダイ

 セックスで痛いのはコンドームが原因? そう疑う人は結構います。相手から「痛いなら、生でやってみよう」と言われた経験がある人もいるのではないでしょうか?

 しかし、コンドームも多種多様。間違った選び方がセックスの痛みにつながっているかもしれないのです。それを教えてくれたのは、国内120種類のコンドームを知るコンドームソムリエ、Aiさん。彼女は普段は養護教諭をしていて、性感染症の予防と男女の性生活力向上を目指す活動をしています。

 先日、私が運営する性交時の痛みに特化したサイト「FuanFree/ふあんふりー」で取材をしたのですが、Aiさんによると、120種類ものコンドームは、それぞれ、素材、サイズ、先端の形状、潤滑ゼリーの量、香りなど、バラエティー豊かなのだとか。

 たとえば、素材。コンドームにはラテックス、ポリウレタン、イソプレンラバー(IR)の3種類の素材があります。しかし、市場のコンドームの約8割がラテックス製。ラテックスアレルギーでセックスに痛みを感じている場合は、素材を別のものに替えたら、痛みがなくなる可能性があります。

1 / 2 ページ

小林ひろみ

小林ひろみ

メノポーズカウンセラー。NPO法人更年期と加齢のヘルスケア会員。潤滑ゼリーの輸入販売会社経営の傍ら、更年期に多い性交痛などの相談に乗る。

関連記事