Dr.中川 がんサバイバーの知恵

高橋幸宏さんが脳腫瘍を摘出…良性の髄膜腫なら全摘可能

脳腫瘍を摘出した高橋幸宏(C)日刊ゲンダイ

 無事に手術を終えたのは何よりです。テクノグループ「YMO」の高橋幸宏さん(68)が脳腫瘍であることを伝えるニュースには、驚かされました。

 先月13日に腫瘍の摘出手術を受けて成功。現在は入院して治療を続け、復帰を目指しているそうです。報道によれば、仕事の中止などはないようで、経過が順調なのだと思います。

 高橋さんが異変を感じたのは、今年の初夏。断続的な頭痛があって、当初は季節の変わり目の片頭痛のようなものかと思っていたものの、良くならず、緊急で脳のMRI検査を受けたところ、脳腫瘍が見つかったそうです。

 脳腫瘍は、一般に原発性脳腫瘍と転移性脳腫瘍に分けられます。高橋さんは、原発性脳腫瘍でしょう。

 脳は、頭蓋骨に覆われた閉鎖空間です。そこに腫瘍ができると、大きくなるにつれて頭蓋内の圧力が高まるため、頭痛や吐き気、意識障害などの症状がおこりやすくなります。頭蓋内圧亢進症といって脳腫瘍に共通する症状です。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事