上皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

先進的な医療には「ヒト・モノ・カネ」が余計に必要になる

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 医療の進歩によって、心臓疾患の治療もどんどん進歩しています。たとえば、循環器内科が実施する「TAVI」(経カテーテル大動脈弁留置術)という血管内治療がその代表といえるでしょう。近年、高齢者で急増する大動脈弁狭窄症の患者さんに対し、カテーテルを使って人工弁を留置する治療法で、2013年10月に保険適用となりました。

 大動脈弁狭窄症は、息切れや胸の差し込みを加齢による変化だと思い込み、放置していると突然死することもある怖い病気です。TAVIは胸を切開しなくて済むうえ、悪くなった弁を交換する弁置換術のように人工心肺を使って心臓を止める必要もありません。体への負担が少ないため、高齢者ら手術のリスクが高い患者さんにとっては、福音といえる治療法です。

 ただし、TAVIには多くのコストがかかります。治療費は70歳未満で健康保険を使った場合は約180万円、高額療養費制度を利用すれば約14万円(年齢や所得によって変わる)ですが、実際にかかる医療費は1人当たり600万円以上と極めて高額です。患者さんにとっては、従来の手術に比べて負担が少ないスマートな治療法ですが、医療費の観点から見ると保険財政には負担が大きな治療法といえるでしょう。

1 / 4 ページ

天野篤

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。近著に「100年を生きる 心臓との付き合い方」(講談社ビーシー)、「若さは心臓から築く 新型コロナ時代の100年人生の迎え方」(講談社ビーシー)がある。

関連記事