愉快な“病人”たち

トイレは1日40回 俳優・井澤こへ蔵さん潰瘍性大腸炎を語る

井澤こへ蔵さん(提供写真)
井澤こへ蔵さん(俳優・28歳)=潰瘍性大腸炎

 俳優になることを決めたのは、「復活したら後悔しないように生きよう」と思うほど死を意識したからです。そして、体調が一番優れない時に救われたのが、同じ病気を抱える高橋メアリージュンさんの活動を目にした時です。本当に勇気をもらいました。「今度は僕がそっち側に行くんだ」と徐々に思うようになりました。それまで俳優は、子供の頃に夢見た職業でしかなかったので、病気にならなかったらサラリーマンになっていたと思います。

「潰瘍性大腸炎」と診断されたのは、大学3年生の12月でした。ある日、先輩後輩8人で車に乗って遊びに出掛けた先でトイレに行ったら、突然、血便が出たのです。ビビリなもので、一気に冷や汗が出て体が震え始めました。「しんどいから車で寝てるわ」と、みんなが遊んでいる間、ビオフェルミンを飲んでずっと横になっていました。

 翌日、市民病院に行き、問診で整腸剤を処方されましたが、1週間飲んでも血便が止まりません。それで再び同じ病院を受診すると内視鏡検査になって、潰瘍性大腸炎という難病が判明したのです。

1 / 5 ページ

関連記事