愉快な“病人”たち

「手遅れではない」の言葉で…笠井信輔さん悪性リンパ腫との闘い

笠井信輔さん(C)日刊ゲンダイ
笠井信輔さん(フリーアナウンサー・57歳)=びまん性大細胞型B細胞リンパ腫

 がんの散らばり具合をカラー画像で見られるペット検査をしたところ、いたるところが黄色く反応していて、全身にがんが散らばっていることが判明。その画像を見たとき、「これは終わりか……」と思いました。

 不調は、フジテレビを退社(2019年9月)する2カ月ぐらい前から始まっていました。お小水が出にくく、そのくせ尿意だけは頻繁にある排尿障害です。

 私は密かに、番組を20年、共にしてきた小倉さん(小倉智昭アナウンサー)の膀胱がんが伝染したんじゃないかと思ったりしてたんですけど(笑い)、検査を受けたら「前立腺肥大」という結果でした。でも処方された薬を1~2カ月飲んでも改善されず、むしろ悪化し、腰痛や排尿時の苦しみも伴うようになったので、CT検査を受けたんです。結果は同じく前立腺肥大でしたが、そこに添えられた放射線技師の所見が運命の分かれ道になりました。

1 / 5 ページ

関連記事