Dr.中川 がんサバイバーの知恵

ネットに赤裸々投稿 AV男優・沢木和也ががんで学んだこと

がんになってからの経緯や息子さんへの思いを記録(自身のnoteから)

「がんでよかったな」

 AV男優の沢木和也さん(53)が、インターネットTVでがんになった心境についてこう語り、話題を呼んでいます。頭や心臓の病気で突然死したら、何もできない。がんだったら、終活するための時間があるというのが、その理由だそうで、私も「死ぬならがんで」と思っていますから、同感です。

 沢木さんは、文章や作品を投稿できる「note」にがんになってからの経緯や息子さんへの思いを記録されています。参考になる部分もあるので、かいつまんで紹介しましょう。

 沢木さんは今年4月ごろにセリフ回しの違和感などで受診すると、ステージ4の食道がんが判明し、さらなる検査で咽頭がんも見つかったそうです。当初、放射線で治療され、今は免疫チェックポイント阻害剤のオプジーボで治療されているといいます。

 この治療は、いい組み合わせでしょう。あるところに治療すると、別のところにも治療効果が得られることがあります。それはアブスコパル効果と呼ばれ、放射線と免疫チェックポイント阻害剤の組み合わせで発現しやすい可能性があることが分かってきたのです。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事