Dr.中川 がんサバイバーの知恵

ネットに赤裸々投稿 AV男優・沢木和也ががんで学んだこと

がんになってからの経緯や息子さんへの思いを記録(自身のnoteから)

 米国では、予後の悪い甲状腺未分化がんの患者さんでの報告があります。肺に5カ所の転移があり、そのうちの1カ所に放射線を照射する一方、免疫チェックポイント阻害剤を使用した結果、1年で元の甲状腺の病巣も残りの転移巣も腫瘍が消えたのです。これほど劇的な効果はまれですが、今後、期待が持てる治療法といえます。

 がんは骨盤にも転移していて、その痛みで歩けない。横になって同じ姿勢でいるのもつらい。そんな記述もあります。

 がんの骨転移は沢木さんが記しているようにとても痛い。しかし、放射線が有効で、8割以上よくなります。残念ながら日本では、骨転移への放射線治療はあまり行われていないので、ぜひ覚えておくことをおすすめします。

 3つ目が、リンパ節転移に関する記述です。その影響で首を回せないほど痛んだほか、セリフがかすれたのは、そのせいかもしれないといった振り返りもあります。咽頭がんなどがリンパ節に転移すると、症状として声がかれやすい。とてもよくあるのです。

2 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事