ニューヨークからお届けします。

バイデンが厳しいコロナ対策 来年春夏まで国を支えられるか

次期大統領に当選したバイデン氏(C)ロイター

 次期大統領に当選確実となったバイデン氏は、就任後の最優先課題を強力なコロナ対策として早くもタスクフォースを立ち上げ、最悪な状況の中で一筋の光を投げかけています。

 アメリカのコロナ禍は大統領選の最終ステージから急速に拡大し、11月中旬現在、感染者累計は1000万人を超えて、1日の新たな感染者は14万人以上、1000人以上が亡くなっています。今回の爆発的な感染は全米50州で同時に起こっていて、これから迎えるクリスマスなど冬の大イベントを前に、厳しい季節を迎えることになりそうです。

 そんな中、医療関係者と科学者13人で構成されるバイデン氏の新コロナタスクフォースには、トランプ政権のコロナ対策を政治優先だと内部告発して降格された生物医学先端研究開発局のリック・ブライト博士も含まれています。科学に立脚した透明性の高いコロナ対策に期待が集まっています。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事