ニューヨークからお届けします。

バイデンが厳しいコロナ対策 来年春夏まで国を支えられるか

次期大統領に当選したバイデン氏(C)ロイター

 対策の基本になるのは、トランプ政権では行われなかった、国を挙げてのマスク着用の義務付けです。現在50州のうち34州でマスクが義務付けられていますが、それ以外のマスクに抵抗する自治体を説得して実現させること、さらに多くの州で不十分な検査・追跡体制を拡充することも目標としています。

 また最も懸念されているのは、新たなロックダウンによる経済の後退です。4~6週間のロックダウンで感染を抑えながら経済支援する方が、むしろ迅速な経済復興につながるとの提案もあり、その可能性はゼロではないと伝えられています。

 バイデン氏はさらに、首席補佐官に長年の側近のロン・クレイン氏を指名。彼はオバマ政権のエボラ出血熱対策の責任者として感染症に詳しく、こうした人選からもバイデン氏のコロナ対策への並々ならぬ強い意志が感じられます。

 コロナ軽視のトランプ政権後の一転した厳しい対策で、ワクチンが行き渡る来年の春夏まで国を支えることができるかどうか。バイデン氏の手腕にかかっています。

2 / 2 ページ

シェリー めぐみ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事