病気を近づけない体のメンテナンス

唾液腺<上>歯科医が指南 唾液分泌を促進させる水分補給法

お茶でなく水が良い(C)日刊ゲンダイ

 健康な人の口内には、1日に1~1・5リットル程度の唾液が「唾液腺」から分泌されている。唾液の成分は「水」「電解質」「粘液」「多くの酵素」からなり、人体の最初の関門である口の中で、さまざまな重要な役割を果たしている。

 たとえば、会話や飲み込みのための潤滑油、味覚を感じるための溶媒、清潔を保つ自浄作用、病原菌に対する抗菌作用、口内のpH環境を中性に保つ緩衝作用、でんぷんを分解する消化作用、有害物質を希釈・解毒して吐き出す作用などだ。

「イーブレスクリニック心斎橋」(大阪市)の本田俊一院長(歯科医師)が言う。

「口内の粘膜や歯の表面には、通常は無害な常在菌がじゅうたんのようにすみ着いて、外から入ってくる有害な菌がすみ着かないようにして身を守っています。唾液は歯や粘膜を保護するとともに、これらの菌や外部から侵入した菌を洗い流し、胃に送って殺菌しています。ですから、唾液の質が低下したり、唾液の流れが悪くなると、一気に口の中の細菌環境が悪化します。その結果、不快な口臭や味覚異常が引き起こされたり、虫歯や歯周病が誘発されたりします。唾液の免疫力や緩衝力を維持したり、常に唾液を出し、流れを良くしておくことは虫歯や歯周病の予防だけでなく、体の病気の予防としても不可欠なことなのです」

1 / 4 ページ

関連記事