ニューヨークからお届けします。

「ラジカル・セルフケア」コロナ禍の米国で利用者が増加中

瞑想はストレスを軽減させ集中力を高める

 コロナ禍の真っただ中で明けた新年、アメリカ人は今年の抱負にセルフケアを挙げた人が少なくありません。中でも注目されているのが「ラジカル・セルフケア」です。

 セルフケアは自分の体や心を自分自身でケアすることで、エクササイズからダイエット、バスタイムでのリラクセーションなど、幅広い内容を含んでいます。コンセプトとしてはそれほど新しいものではありませんが、コロナ禍でこれまでと生活環境が大きく変化し、強いストレスを感じたり、うつになる人も増えている中で、こうした環境から自分をもっと積極的に守っていこう、一歩進んだセルフケアをやっていこうというのがラジカル・セルフケアです。

 方法はその人のコンディションやニーズによって異なるものの、よく言われるのはまず「自分中心に考える」こと。特に女性は子供や夫の健康を優先して考えがち。しかし、誰かの面倒を見ようと思ったらまず自分のケアをしっかりしなければならない。それを優先させるのに罪悪感を感じる必要はない、というのがラジカル・セルフケアの前提条件です。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事