ニューヨークからお届けします。

コロナ変異株に対するマスク着用法 CDCがガイドライン発表

空港で売られているKN95マスク(カリフォルニア・サンディエゴ)/(C)ロイター

 CDC(米疾病対策センター)が新たなマスクのガイドラインを発表し話題になっています。

 今年に入って1日30万人近い感染者、4000人以上の死者を出していたアメリカのコロナ感染カーブはようやく下がり始め、2月中旬になって1日の感染者が10万人、死者も1日2000人台で推移しています。

 年末年始の人の移動の影響がようやく減ってきたと考えられていますが、主にイギリス発の変異株が猛スピードで広がっているため、再び感染が広がる前の嵐の前の静けさと言う関係者もいます。

 一方、現在のワクチン接種規模は全米で1日に150万人まで拡充、接種率は一度でも打った人が10%を超え、このままいけば集団免疫の基準となる70%に達するのは夏の終わり頃とみられています。

 そんな中、CDCはマスク着用に関して新たなガイドラインを発表しました。特に感染力が高い変異株に対応するためと考えられています。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事