Dr.中川 がんサバイバーの知恵

ワッキーは中咽頭がん克服も 化学放射線療法の副作用とは

ペナルティのワッキー(C)日刊ゲンダイ

 感慨ひとしおだったと思います。お笑いコンビ「ペナルティ」のワッキーさん(48)が、中咽頭がんの治療に伴う休養を終え、仕事に復帰したと報じられました。テレビ番組の企画の打ち合わせに顔を出すと、参加を知らされていなかった相方は涙を流して復帰を喜び、本人ももらい泣きしたといいます。

 ワッキーさんに初期の中咽頭がんが見つかったのは昨年6月。手術はせず、放射線治療を受け、8月5日には退院。その後は、自宅療養を続けていたそうです。退院から6カ月余り。SNSでつぶやくことはあったものの、お笑いの仕事は控えていましたから、本人も周りも長い半年だったでしょう。

「中咽頭から首2カ所に転移していた。(中略)放射線の効き目を考慮してステージ1と診断されたが、『普通ならステージ3~4』と言われた」

 スポニチのインタビューにそう語っています。「転移があるのに、ステージ1って?」と思われる方もいるでしょう。理由をお話しします。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事