進化する糖尿病治療法

副反応の報告も それでも新型コロナワクチン打つべきか

ワクチン接種が始まったが(代表撮影)

 ワクチン接種が始まれば重症化の不安も薄まりますが、それまでまだ数カ月あります。発症者数が多い今、コロナの感染が分かり、発熱などがあっても、すぐに入院できるとは限りません。

 糖尿病がある人は、発熱した場合、保健所などに現在の自分の血糖コントロールの状態を的確に伝えられるようにしておくべきです。

 単に「糖尿病がある」だけでは平均的な対応を取られてしまうかもしれません。同じ糖尿病でも高血圧、脂質異常症、肥満、腎臓病などを伴っているかどうか、HbA1cがどうかなどで対応が異なります。自分の状態を曖昧にしか把握できていない人は主治医に確認すると共に、糖尿病連携手帳や薬手帳が不十分であれば、それもしっかり活用できるようにしておくことをお勧めします。

4 / 4 ページ

坂本昌也

坂本昌也

専門は糖尿病治療と心血管内分泌学。1970年、東京都港区生まれ。東京慈恵会医科大学卒。東京大学、千葉大学で心臓の研究を経て、現在では糖尿病患者の予防医学の観点から臨床・基礎研究を続けている。日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本内分泌学会の専門医・指導医・評議員を務める。

関連記事