時間栄養学と旬の食材

デコポンは朝に生ジュースで ビタミンCがミカンの1.6倍

ビタミンCはミカンの1.6倍

 デコポンはポンカンと清見みかんを掛け合わせた中で糖度13度以上、クエン酸(酸度)1.0%以下を満たしたものを言います。熊本県不知火(しらぬひ)町(現宇城市)が由来の柑橘類なので、「デコポン」の商標は熊本県果実農業協同組合連合会が所有しています。そのため、日本園芸農業協同組合連合会(日園連)傘下の農業団体(JA)及び柑橘生産のある農業団体(JA)以外はデコポンの名称は使えません。加盟していない農家は、不知火や独自のブランド名で出荷していることもあります。

 そんなデコポンの栄養素で着目したいのが抗酸化作用の強いビタミンC。なんとミカンの1.6倍も含んでいるとされます。ビタミンCは時間栄養学的には朝に取りたい栄養素のひとつですが、コラーゲンの生成を活発にするので、さらに効率的に摂取するためには肉や魚、卵などのタンパク質と一緒に取るのがいいでしょう。また、鉄と一緒に取ることで鉄の吸収率も上がります。しかし、熱によって壊れてしまうので、生のままやジュースで取るのがおすすめ。

1 / 2 ページ

古谷彰子

古谷彰子

早稲田大学大学院卒。早稲田大学時間栄養学研究所招聘研究員、愛国学園短期大学非常勤講師、アスリートフードマイスター認定講師。「食べる時間を変えれば健康になる 時間栄養学入門」「時間栄養学が明らかにした『食べ方』の法則」(ともにディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

関連記事