時間栄養学と旬の食材

ホタテはグリシンが豊富 寝る前に食べると目覚めがスッキリ

ホタテ

 ホタテの主な産地は北海道や青森県など東北から北の地域です。ホタテと聞いてイメージする部分は貝柱でしょう。100グラム当たりの糖質は3.5グラムで、そのほとんどは、でんぷん同様の性質を示すグリコーゲンと呼ばれる多糖類になります。このグリコーゲンは月によって量が変動し、3月から徐々に増え始めることが報告されています。なので、いまはまさに旬のはしりの時期です。

 グリコーゲンは唾液によって分解されることで甘味を感じますが、ホタテの甘味の正体はそれだけではありません。アミノ酸の一種であるグリシンです。グリシンは上白糖の90%程度の甘味があり、貝柱100グラム中に2000ミリグラムも含まれています。この値は甘エビの量とほぼ同じ! 寝る前にグリシンを取ると、翌朝の目覚めがスッキリし、疲労感も軽くなったという研究もありますので、疲れた時はぜひ夜にホタテを召し上がるとよいでしょう。

1 / 2 ページ

古谷彰子

古谷彰子

早稲田大学大学院卒。早稲田大学時間栄養学研究所招聘研究員、愛国学園短期大学非常勤講師、アスリートフードマイスター認定講師。「食べる時間を変えれば健康になる 時間栄養学入門」「時間栄養学が明らかにした『食べ方』の法則」(ともにディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

関連記事