ニューヨークからお届けします。

米Z世代の6人に1人がLGBTQと自認 3分の2がバイセクシュアル

米Z世代の6人に1人がLGBTQと自認

 アメリカのZ世代(1990年代中盤以降に生まれた世代)のうち、18~23歳の6人に1人がLGBTQ(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー・クエスチョニング)であると自認していることが調査で分かり話題になっています。

 この調査は昨年、18歳以上のアメリカ人1万5000人を対象に、調査会社ギャラップが聞き取りで行ったもので、自分がLGBTQのどれかに当てはまると答えた人は、全体の5・6%で、3年前の4・5%から上昇しています。

 中でも18~23歳のZ世代の若者は16%(6人に1人)と最も高く、56歳以上の2%と比較して大きな差を見せています。ギャラップ担当者は、「自らのアイデンティティーをオープンにする傾向があることが大きい。若い世代が育っている社会環境が、以前よりLGBTQをタブーとしていない」という趣旨のコメントをしています。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事