睡眠不足はがん、認知症、糖尿病、うつ病のリスクを上げる

幼児から成人まで世界で最も睡眠時間が短い(C)日刊ゲンダイ

■照明を変えるだけで就寝・起床時間が早くなる

 福田所長が勧めるのは、自然と眠くなる部屋づくりだ。

 日本は白く明るい照明が一般的だが、これらはブルーライトを含み、目から入って脳の生体時計に直接働きかけ、眠りを妨げる。暗い赤っぽい照明や間接灯の利用で眠りやすくなる。

「私が行った研究では、リビングまたは寝る時間の2時間前に過ごす部屋の照明を暗く赤っぽい照明に変更した群は、就寝時間、起床時間がともに早くなり、精神健康度が有意に向上しました」

 暗い部屋で本を読むと目が悪くなると思われがちだが、眼精疲労には関係あるものの、視力低下との関係を示すエビデンスはない。

 寝具が睡眠時無呼吸症候群(SAS)や腰痛などを悪化させている人も。

4 / 5 ページ

関連記事