ニューヨークからお届けします。

可能な限り1人では行動しないで NY在住日本人に注意喚起

ニューヨーク市のタイムズスクエアで開催されたStop Asian Hateラリー(C)ロイター

 トランプ前大統領が新型コロナを「チャイナウイルス」と言い続けたことが原因とされる、アジア系アメリカ人に対するヘイトクライムはさらにエスカレートし、在住日本人の間でも不安が高まっています。

 アジア系住人へのヘイトクライムは、パンデミックが始まってから今年3月まで全米で3800件報告され、日本人も被害に遭っています。特にジョージア州アトランタでアジア系女性6人を含む8人が射殺された銃撃事件は全米にショックを与え、多くの抗議行動が巻き起こっています。大坂なおみさんらセレブも抗議の声明を発表していることはご存じの通りです。

 ニューヨーク市内でも今年に入って33件のヘイトクライムが起こり、昨年の27件をすでに上回っています。タイムズスクエア付近で白昼、65歳の女性が暴行されて大ケガをした事件は大きく報道され、ニューヨークに住む日本人の間でも不安が広がっています。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事