Dr.中川 がんサバイバーの知恵

気になるホクロを見つけたらコインと一緒にスマホで撮影を

ヒュー・ジャックマン(C)日刊ゲンダイ

 東京は、初夏を思わせる毎日です。日増しに日差しが強くなる中、気になるニュースが報じられました。俳優のヒュー・ジャックマン(52)が、皮膚がん検査を呼びかけているのです。

 インスタグラムの投稿によると、耳たぶから病変を摘出して生検を受けたところ、前がん状態だったといいます。何度も皮膚がんを切除していますが、何事もなかったことから、改めて検査の大切さを伝えたかったのでしょう。

「医師や専門家に診てもらったときに『肌のチェックをしてくれますか?』と言ってほしい。最低でも1年に1回」

 さらに「君も僕のように若いころ何も知らずに日焼け止めを使わず、オーストラリアの日差しを浴びていたら、より一層検査を受ける必要がある」と警告しています。

 紫外線を浴びると、日焼けするほか、皮膚がんになりやすいことはご存じでしょう。日焼けにナーバスな人が読んだら、不安になりそうですが、それは豪州の話。日本人をはじめ東洋人はそこまで気にする必要はありません。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事