Dr.中川 がんサバイバーの知恵

気になるホクロを見つけたらコインと一緒にスマホで撮影を

ヒュー・ジャックマン(C)日刊ゲンダイ

 そういえるのは、皮膚がんの一つメラノーマの発症部位にも関係があります。好発部位は足の裏で、紫外線の影響をほとんど受けません。

 一方、豪州は、紫外線を吸収するオゾン層が薄い上、穴が開いている部分もあります。それで皮膚がんの原因となるUVBが地表にダイレクトに到達。皮膚がんの発生率が世界一高いゆえんです。

 紫外線との関係が明らかになり、今では豪州のがん教育に紫外線対策の重要性が盛り込まれています。「外で遊ぶときは、日焼け止めを塗りましょう」と。

 メラノーマは、紫外線などの環境因子のほか遺伝的背景がそれぞれ関わって発症します。白色人種の発生率は、有色人種よりも数倍高く、紫外線の強い地域に住む白色人種の発生率はさらに高いという報告も。

 その点、日本人は有色人種でオゾンの問題もありません。豪州は白色人種が多く、オゾンの問題も重なりますから、ダブルパンチです。

2 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事