コロナ禍でも注目 最新医療テクノロジー

心臓病を検出するAIの開発 日本のメーカーは様子見の傾向

AIによる心電図の自動診断治療の流れ(提供:慶應大学医学部)

 急性心筋梗塞が疑われる胸痛の患者の心電図から、その患者にカテーテル治療が必要かどうかを判定するAI(人工知能)を開発した慶応義塾大学医学部循環器内科助教の後藤信一氏。2019年4月からはハーバード大学医学部付属のブリガム・アンド・ウィメンズ病院に博士研究員(ポスドク)として留学中で、医療データからAIを作る研究を続けている。

 データサイエンスチームに所属している後藤氏は、プログラムを書くなど工学系のエンジニアと一緒に仕事をしているが、チーム内に5人ほどいる研究者のうち医師は後藤氏1人だけだという。現在、どんなAIの研究をしているのか聞いた。

「慶応大で開発したAIの延長線上で、『心アミロイドーシス』という心臓に異常なタンパク質が蓄積して心臓の壁が厚くなり、心機能障害を起こす病気の検出を研究しています。心電図の電位データを学習させたAIと、心エコーの動画データを学習させたAIの研究が終わり、間もなく論文が公表される予定です」 他にも対象とする病気を変えたり、学習させる医療データを変えたりして、いくつかのAIの開発を同時進行させているという。

1 / 3 ページ

関連記事