Dr.中川 がんサバイバーの知恵

葛城ユキはステージ4 腹膜がんは卵巣がんと同じ治療で克服

ロック魂で克服を(C)日刊ゲンダイ

 早期はほとんど無症状で、進行するとお腹に水がたまることに伴う膨満感、腹痛や腰痛、排便の異常、不正出血などが見られます。これも卵巣がんと同じで、葛城さんのようにステージ4で発見されることが珍しくありません。早期発見が難しいことも、卵巣がんと似ています。

 お腹の中の腫瘍を完全に切除することを目的に行う腫瘍減量術と抗がん剤が主な治療法で、これも卵巣がんと同じです。ただし、進行してからの発見が多く、最初に手術を行えないことも往々にしてあります。

 報道によれば、葛城さんはなるべく手術を避けたいと考えていらっしゃるそうです。そんなケースは、まず抗がん剤で腫瘍を小さくしてから、手術に踏み切ることがあります。手術ができる状態になったら、手術を行い、さらに術後に抗がん剤を加えます。

 卵巣がんは、婦人科系のがんの中でも、抗がん剤が効きやすい。ステージ3と4では、抗がん剤と手術の組み合わせが、とても重要です。

2 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事