Dr.中川 がんサバイバーの知恵

葛城ユキはステージ4 腹膜がんは卵巣がんと同じ治療で克服

ロック魂で克服を(C)日刊ゲンダイ

 卵巣がんは、腫瘍が卵巣にとどまるステージ1でも、両側の卵巣と卵管のほか子宮を全摘。さらに胃の下部の脂肪組織、骨盤内リンパ節などを切除する大がかりなものです。

 がんが下腹部から上腹部に進行しているケースでも腫瘍を取り切ることが、その後の余命を左右します。

 ぜひロック魂でハードな闘病生活を乗り越えてほしいと思います。

3 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事