ニューヨークからお届けします。

ワクチン接種で1億円が当たる…それでも集団免疫が危うい理由

新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける子ども(米カリフォルニア州)/(C)ロイター

 アメリカは5月半ばの段階で12歳以上の子供への新型コロナワクチン接種が始まり、人口の35%が接種を完了、感染者も減り始めています。ここにきて接種のペースが落ちているため、各州ではあの手この手で一人でも多くの人に打ってもらおうと躍起です。ところが、それでも集団免疫が達成できないかもしれない理由があることが明らかになってきました。

 接種のペースが鈍ったのは、一般に「ワクチンに対して懐疑的または積極的でないアメリカ人が接種を渋っているから」と考えられています。4人に1人いるとされるこうした層をターゲットにオハイオ州で始まったのが、「ワクチンを打てば1億円が当たる」というプログラム。ミシガン州デトロイトでは知り合いを1人説得して接種させれば約5000円のギフトカードがもらえ、ウェストバージニア州では接種した若者に約1万円の貯蓄債券がプレゼントされます。

 接種率が全米平均より高いニューヨークでも、ヤンキースタジアムで接種すれば観戦チケット、ターミナル駅のポップアップサイトで打てば地下鉄1週間乗り放題のカードをプレゼントなどのキャンペーンを展開しています。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事