新型コロナワクチンの疑問に答える

オリンピックが感染症の流行をつくり出すのはなぜですか?

密集は避けられない(リオ五輪の開会式)/(C)日刊ゲンダイ

 東京五輪に参加予定のアスリートに対するワクチン接種が6月1日から始まった。すでに、オーストラリアのソフトボール選手団が合宿地の群馬県太田市に入ったが、県内ではインド変異株が7件確認され、拡大も懸念されている。本番になれば選手だけでなくメディア、コーチなどおよそ10万人が来日するという。今回は、改めて五輪と感染症拡大について学ぼう。

 奥田先生は2019年発売の著書「この『感染症』が人類を滅ぼす」で、「2020年東京オリンピックが危ない」という見出しの警告を出している。

1 / 4 ページ

奥田研爾

奥田研爾

1971年横浜市立大学医学部を卒業後、米国ワシントン大学遺伝学教室、ハーバード大学医学部助教授、デューク大客員教授、スイスのバーゼル免疫研究所客員研究員として勤務。2001年横浜市立大学副学長、10年から名誉教授。12年にはワクチン研究所を併設した奥田内科院長。元日本エイズ学会理事など。著書に「この『感染症』が人類を滅ぼす」(幻冬舎)、「感染症専門医が教える新型コロナウイルス終息へのシナリオ」(主婦の友社)ほか。

関連記事