Dr.中川 がんサバイバーの知恵

5年では不足、「10年生存率」が必要なタイプのがんもある

主ながんの10年生存率(C)日刊ゲンダイ

 がんの治療成績を示す指標に5年生存率があります。国立がん研究センターは、その2倍の期間の10年生存率を公表。話題を呼んでいます。2008年に全国のがん診療拠点病院などで診断された約24万人のデータを利用したもので、10年後も命を落とさなかった人の割合が分かります。その算出は初めて。既存の10年生存率と比べると、最も大規模です。

 胃や大腸、肺など15種類のがんを調べ、全体で59・4%。4割ががんで亡くなる計算です。

 一般にがんは、治療のスタートから5年間は経過観察しながら、再発や転移をチェック。5年間、問題がなければ、一つの区切りで、“治った”と考えます。

 しかし、“治った”ように見えたがんが、何年も経って再発することは珍しくありません。そういうタイプは、5年後も経過観察を続ける必要があります。そのタイプを知る手だてが、10年生存率です。

1 / 2 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事