ニューヨークからお届けします。

アメリカがコロナのトンネルを抜けたら待っていた住宅ブーム

住宅販売を宣伝する不動産会社の看板(サウスカロライナ州ヨーク郡)/(C)ロイター

 コロナからの経済再開が本格的に始まっているアメリカで、住宅ブームが起きています。特に、郊外よりもっと外側のエリアで住宅需要が急増し、場所によってはパンデミック前の価格の3割増から2倍という異常事態になっているのです。

 昨春、ニューヨークはコロナ患者が激増し、富裕層を中心に南部フロリダなどに逃れる現象が起こりました。しかし今はワクチンを一度でも接種した成人は7割に迫る勢いで、感染も下がり続けています。

 では、なぜいま引っ越しかという理由のひとつは、経済再開しても当分の間はリモートという企業が少なくないからです。夫婦2人がリモートワークで子供もオンライン授業となると、もともと狭い都市の住居がますます手狭に。リモートだから少し遠くても自然に囲まれ値段も手頃で広い家に買い替えようという動きが広がっています。

 そもそもリモートワークできるのはIT系や大企業勤務など、お金に余裕がある人たち。そこに3回の政府の救済金が入り、旅行や外食、買い物も控えたことで貯金が増えたのも理由です。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事