新型コロナワクチンの疑問に答える

無症状の感染患者が接種しても問題ないのか 悪化はしない?

英国でも若い人の接種がカギに(C)ロイター

 テレビ朝日系情報番組「グッド!モーニング」などで天気を担当する気象予報士の依田司さんが、新型コロナウイルスに感染した。6月24日に1回目のワクチン接種以降、高熱やだるさなど体調不良を訴え、当初は副反応を疑っていた。

【Q】無症状の感染患者が接種しても問題ないのか

【A】「このケースでは、接種した時点ですでに感染していた可能性があります。一般的に1回目のワクチン接種後、予防効果が出てくるのは6~8日以後です。無症状感染者がワクチンを打った際、ワクチンの効果はなく感染します。ただ、世界でもこうした例はあまり報告されていないでしょう」

【Q】新型コロナウイルス以外の感染症で抗体がある人が接種し悪化したことは?

【A】「エイズなどでは、すでに抗体がある人がウイルスを取り込むとマクロファージ(体内に侵入した細菌などの異物を食べる能力)が活性化するとされています。一方で弱毒生ワクチンは、ワクチンを受ける人の抵抗力が弱っていると、感染を招いてしまうリスクはあります。日本ではポリオウイルスの生ワクチンで、ワクチンを飲んだ後にポリオを発症する例が生じ、不活化ワクチンの注射に変更された歴史があります」

1 / 3 ページ

奥田研爾

奥田研爾

1971年横浜市立大学医学部を卒業後、米国ワシントン大学遺伝学教室、ハーバード大学医学部助教授、デューク大客員教授、スイスのバーゼル免疫研究所客員研究員として勤務。2001年横浜市立大学副学長、10年から名誉教授。12年にはワクチン研究所を併設した奥田内科院長。元日本エイズ学会理事など。著書に「この『感染症』が人類を滅ぼす」(幻冬舎)、「感染症専門医が教える新型コロナウイルス終息へのシナリオ」(主婦の友社)ほか。

関連記事