進化する糖尿病治療法

予備軍の中でも脳卒中・心筋梗塞のリスクがより高い人は?

写真はイメージ

 血糖値が正常より少し高いが、糖尿病と診断される値よりは低い糖尿病予備群は、そうでない人と比べて、心筋梗塞、脳卒中のリスクが高くなる。米国の疫学調査では、リスクがほぼ2倍高いとの結果が出ています。

 その理由として、血糖値を下げるホルモンであるインスリンがすでに出にくくなったり、効きにくくなっている点が挙げられます。インスリンの働きの低下は、糖尿病と診断されるずっと前から始まっているのです。

 また、「血糖値が正常値より少し高い」ことが、全身の血管にダメージを与え、動脈硬化の進行につながっています。糖尿病ほど高くなくても、血管へ与えるダメージは小さくないのです。

 この糖尿病予備群ですが、さらにもう少し突っ込んで言うと、心血管疾患のような重大病を引き起こすリスクが非常に高い人と、それほどでもない人がいます。最も注意すべきは、「脂質異常症がある」「高血圧がある」「家系に糖尿病患者がいる」「家系に心筋梗塞/脳梗塞患者がいる」「食後の血糖値が高い」に該当する人。該当する項目が多いほどにリスクは高いと考えてください。

1 / 4 ページ

坂本昌也

坂本昌也

専門は糖尿病治療と心血管内分泌学。1970年、東京都港区生まれ。東京慈恵会医科大学卒。東京大学、千葉大学で心臓の研究を経て、現在では糖尿病患者の予防医学の観点から臨床・基礎研究を続けている。日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本内分泌学会の専門医・指導医・評議員を務める。

関連記事