Dr.中川 がんサバイバーの知恵

大腸がんだった大島康徳さんは70歳で…高身長の人は生活改善を積極的に

大島康徳さん(C)日刊ゲンダイ

 中日や日本ハムで活躍した野球解説者の大島康徳さんが大腸がんのため亡くなりました。享年70。最期まで前向きにがんと向き合ってブログを更新し続ける姿は、多くのファンやがん患者に勇気を与えたと思います。

「今後の人生を前向きに生きる為に病気を公表することも決意しました」

 2017年2月にブログにこうつづり、ステージ4の大腸がんと肝臓への転移を公表。すでにもとの大腸がんは手術で切除されていて、その後は抗がん剤治療を続けながら、元気に生きる姿を投稿されていました。

 それから4年あまりの最期だったわけですが、ぜひ皆さんに知っておいていただきたいのは、1年間に約16万人が発症する大腸がんの原因です。生活習慣的な要素が強く関わっています。つまり生活改善で発症を予防できる可能性があるがんなのです。

 飲酒と喫煙が最もよくありません。どちらも、確立しているリスク因子で、重ねるのは相乗的なダメージに。同じ野球界で連続出場世界記録を持つ鉄人・衣笠祥雄さん(享年71)が2018年4月、大腸がんで亡くなったとき、酒豪で愛煙家だったことを球界関係者が語っていました。どちらも半端ない量だったそうです。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事