今日何食べる?

オリーブオイルで悪玉コレステロール減らし酸化ストレスを防ぐ

血中の悪玉コレステロールを減少させるオレイン酸が豊富

 新型コロナワクチンの接種が少しずつではあるが進んでいる。池谷医院の池谷敏郎院長によれば、「ワクチン接種で人々の活動量が増えると、血圧が急上昇し、血管が傷つきやすくなる可能性がある。暑い夏、気温差のある秋、寒い冬に向けて血管事故のリスクが高まっていく」。血管事故を防ぐためには、「食べ過ぎない」「運動不足の解消」「食事面では油の種類と質に留意する」の3つが大事だという。

 その上で、日常的に取るのにいい油が、エキストラバージンオリーブオイルだと提唱。血中の悪玉コレステロールを減少させるオレイン酸が豊富で、ポリフェノールを含み、酸化ストレスを防ぐからだそうだ。

 ただし、一度開栓すると酸化が進むのがネック。家族の人数や料理頻度に合わせたサイズを選ぶのがポイントだ。後は、気取らず、ちょいちょい使うこと。

 記者がよくやるのは、冷ややっこに塩をパラリとかけてエキストラバージンオリーブオイルを垂らす食べ方。ゆで野菜も塩とオリーブオイルで味付け。干物を焼いてからほぐし、青じそ、ミョウガ、ニンニクなど薬味と混ぜ合わせ、オリーブオイル、塩、レモン汁で和えるのもいい。白ワインがぐいぐい進む。先日は、ゆでた豚しゃぶと春菊をオリーブオイルと塩で味付けしたら、めっぽううまかった。

 ポイントは、少々高くても香りのよいエキストラバージンオリーブオイルを選ぶこと。いろんなものにかけたくなるはずです!

関連記事