血液がんの新たな治療法として注目「CAR-T療法」って何だ

写真はイメージ

「そこでCAR-T療法では患者さんからT細胞を取り出し、遺伝子医療によってCARというタンパクを作り出せるようにします。このCARが、がん細胞の表面にある抗原を認識し、攻撃するのです」

 CAR-T療法の流れは、まず患者から白血球を採取。それを専門施設へ輸送し、CARを作り出すCAR-T細胞を作成。治療に必要な量まで増やしたら、駒込病院などCAR-T療法を行う医療施設へ輸送。

 一方、患者は白血球採取後、抗がん剤治療や放射線治療でがんの症状を安定させ、CAR-T細胞が体内に生着しやすいように、リンパ球除去化学療法を受ける。ここまででだいたい6~8週間。そして、CAR-T細胞の投与となる。輸血と同じ方法で、投与は1回。30分以内で終わる。

「投与後に、CAR-T細胞が体内で増加。腫瘍の量が少ないほどCAR-T療法の効果は高く、血圧低下や意識障害といった副作用が起こりにくいので、CAR-T療法の前の腫瘍量のコントロールは重要。CAR-T細胞は体内に残るので、治療後も定期的な検査が不可欠です」

2 / 4 ページ

関連記事