新型コロナワクチンの疑問に答える

2回を超えるワクチン接種に問題はないのか 人体への影響は?

12~18歳の子どもを対象に行われたワクチン接種を受ける男子生徒.(C)共同通信社

 世界では3回目のワクチン接種が始まっている。ブースターは効果があるといわれるが、国内には医療従事者枠と自治体枠を使って半年間で4回も接種した人もいるという。短期間に繰り返し打っても人体に影響はないのか。

【Q】2回を超えるワクチン接種に問題ないのか

【A】「3、4回接種した例の副反応は報告されていませんし、体調に大きな影響はないと思われますが、そもそも打つ必要はありません。最初に接種してから1カ月前後で2回目を打つと抗体価が上がることは分かっています。その上がった数値は3、4カ月たつと下がってくるといわれており、8カ月後ぐらいに3回目を打てば、2回目よりも3~4倍、抗体価が上がると考えられます。検証できているのはそこまでで、短期間にそれ以上打ったところで、プラスアルファの効果があったという報告はありません。インフルエンザの場合も、効果を踏まえて年1回の予防接種となっているのです」

1 / 3 ページ

奥田研爾

奥田研爾

1971年横浜市立大学医学部を卒業後、米国ワシントン大学遺伝学教室、ハーバード大学医学部助教授、デューク大客員教授、スイスのバーゼル免疫研究所客員研究員として勤務。2001年横浜市立大学副学長、10年から名誉教授。12年にはワクチン研究所を併設した奥田内科院長。元日本エイズ学会理事など。著書に「この『感染症』が人類を滅ぼす」(幻冬舎)、「感染症専門医が教える新型コロナウイルス終息へのシナリオ」(主婦の友社)ほか。

関連記事