新型コロナワクチンの疑問に答える

児童や幼児へのワクチン接種に問題はないのか 妊娠中でも大丈夫?

世界各国で若者のワクチン接種が進むが…(C)ロイター

 集団免疫の獲得には、国民の8割以上が抗体を持つことが求められそうだ。それには当初の想定を上回るワクチンの接種が必要で、現在行われている12歳以上の希望者への接種が終了すれば、12歳未満への接種がスタートする可能性もある。

【Q】12歳未満の児童や幼児への接種に問題はないのか

【A】「米国の多くの研究によると12歳未満でも特段問題が出るという報告はありません。ファイザー社やモデルナ社の治験も進んでいて、秋以降に接種が可能になる見込みです。デルタ株のような変異株の流行で、家庭内感染が世界中で増えました。感染予防の上でも、12歳未満への接種は重要になってくるでしょう」

【Q】妊娠中の接種は大丈夫?

【A】「米疾病対策センター(CDC)は妊婦に対するmRNAワクチン接種を安全性のデータを基に推奨しています。接種した妊婦の方が、そうでない妊婦よりも感染リスクが著しく低いと報告されていますし、日本でも推奨されています。私も妊婦に対して積極的にワクチンを打っています。mRNAワクチンはすぐに分解されるため、理論上、胎児にまで影響が及ぶことはないと思われています。ただしアストラゼネカのワクチンのような『ウイルスベクターワクチン』は分解される工程に時間が少しかかるため、胎児に全く影響がないと断定した報告を確認していません。私も打っているファイザー製のmRNAワクチンなら重大な副反応はみていません」

1 / 2 ページ

奥田研爾

奥田研爾

1971年横浜市立大学医学部を卒業後、米国ワシントン大学遺伝学教室、ハーバード大学医学部助教授、デューク大客員教授、スイスのバーゼル免疫研究所客員研究員として勤務。2001年横浜市立大学副学長、10年から名誉教授。12年にはワクチン研究所を併設した奥田内科院長。元日本エイズ学会理事など。著書に「この『感染症』が人類を滅ぼす」(幻冬舎)、「感染症専門医が教える新型コロナウイルス終息へのシナリオ」(主婦の友社)ほか。

関連記事