コロナ禍でも注目 最新医療テクノロジー

「脳動脈瘤」をスクリーニングするAI画像診断支援ソフトの威力

EIRL Brain Aneurysm(エイル・ブレイン・アニュリズム)検出画面(エルピクセル提供)

 東京大学発の医療・創薬AIベンチャー「エルピクセル」(東京都千代田区)が、AI(人工知能)を活用した医療画像診断技術「EIRL(エイル)」の製品を次々と開発。現在、5製品が累計200医療機関(2021年7月末時点)に導入されている。

 中でも最も多く使われているのが、19年10月に発売された「EIRL Brain Aneurysm(エイル・ブレイン・アニュリズム)」。脳MRI画像からくも膜下出血の原因となる「脳動脈瘤(りゅう)」の疑いのある部分を、AIが自動で検出する医用画像解析ソフトウエアだ。全国約120施設に導入されている。

 どれくらいの画像データを学習させているのか。同社・EIRL事業本部の豊則詩帆ゼネラルマネジャーが言う。

「1症例であっても数十枚の画像に及び、10万枚以上の画像を深層学習(ディープラーニング)させています。また、学習データを選定する際、当社では各社のモダリティ(医療画像を撮影するMRIなどの機器)で撮影されたさまざまな症例をバランスよく学習させています」

1 / 3 ページ

関連記事